イビサクリームを塗っても肌荒れしない?敏感肌・デリケートゾーンでも大丈夫?

「恥ずかしい部分の黒ずみ(陰部・乳首)が気になるけれど、肌荒れが心配で・・・」

「デリケートゾーンに薬品を塗っても大丈夫なの?敏感肌なんだけど・・・」

私も、肌が弱い方なので、イビサクリームを買う前にはすごい心配してました。

肌荒れしちゃうと、かゆくなって掻いちゃうし、結果的にもっと黒くなっちゃうんじゃないかって思いますよね。

でも心配は必要ありませんでした。

イビサクリームを半年使い続けていますが、1度もかゆくなったことはありません。

もちろん、赤く炎症が起きたこともないし、塗っていることを忘れちゃうぐらいです。

(逆に、刺激がなさすぎて塗るのを忘れちゃいます(笑))

でも、私の肌には合ったけど、あなたの肌には合うか分からないですよね。

ということで、既に使い続けているのでなんですが、イビサクリームの「刺激のなさ・肌への優しさ」を調べてまとめてみました。

(今更ですよね(笑))

イビサクリームは「完全無添加、刺激物は一切なし」

イビサクリームは「医薬部外品」なので、強い薬品は使われていません。

美白に効果があると言われている成分のうち、刺激が強い「ハイドロキノン」を使うことはせずに、「トラネキサム酸」を利用しているので、痛みやかゆみが起きないようになっています。

また、

  • 合成・香料なし
  • 着色料なし
  • 鉱物油なし
  • アルコールなし
  • パラベンなし(防腐剤)

と、アレルギー物質を取り除いて作られていて、「完全無添加」なのでカラダに優しいのです。

「赤ちゃんの肌にも使える成分」なので、そりゃー敏感肌でも問題ないわー!と納得しました(笑)

あと、黒ずみや色素沈着は、「乾燥→痒くてかいてしまう→黒くなる」という流れで起こってしまうため、美白用品であるイビサクリームには「8つの保湿成分」が入っています。

  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • シロキクラゲ多糖体
  • 乳酸ナトリウム液
  • ローズ水
  • BG
  • 1,2-ペンタンジオール
  • グリセリン
  • 1,2-ヘキサンジオール

細かい成分までは調べていませんが、「薔薇の精油」を使ったローズ水なんかは、美容にすごく効果があるみたいですね。

潤い成分として高い評価を受けているみたいなので、よく考えられて作られているんだな・・・と、あらためて思いました(笑)

ずっと使っているものをここまで調べたのは初めてですが、あなたの美白ケアに少しでも役立っていたら幸いです(笑)

イビサちゃん
美白効果の高い商品があったとしても、肌荒れしてかいてしまうと余計黒くなっちゃうので、イビサクリームの低刺激はいいなぁ・・・と、使っていて思います。

昔、黒ずみが気になってAmazonで強い薬品を買ったのですが、見事に肌荒れして悪化した記憶が鮮明に残っています(汗)

イビサクリームのことを全部まとめた体験談を書きました!

実際の画像から、イビサクリームの詳細まで丸ごと記載してあるので、よかったら見てみて下さいね。

イビサクリームの口コミ・効果を買って確かめてみた!実際の画像もあり!